日常よく聞く英会話 パート2

日常でよく使われている英語はまだまだありそうなので、パート2
としてご紹介します。
覚えて使いこなせたら、英語での会話もだいぶスムーズになりそう
ですね。

・I have no idea.(わかりません)
意味としては「I don’t know.」とほぼ同じですが、全く知らない
ことを尋ねられたときに使うといいかも。ネイティブは尋ねられたく
ないことを答えるときにも使うらしいです。

・Go for it !(がんばれ!)
人を励ます時の表現です。たまにネイティブは何かを承諾するときに
「どうぞ」という意味でも使っているようですが。

・Could you do me a favor ?(お願いがあるのですが?)
丁寧なお願いの仕方。相手に改まってお願いしたい時や、目上の人に
何か頼みたいことがある時に使いましょう。

・Like what ?(例えば?)
直訳すると「何みたい?」つまり「例えば何?」と尋ねる表現です。
相手にこれを言われたら何か例を挙げて説明を続けましょう。

・No way !(あり得ない!)
理不尽だと思ったり反論したい時には「ムリ!」という意味で、また
感動を表したい時には「すごい!」信じられないほど素晴らしいという
意味で使います。つまり日本語だとひとことで「あり得ない!」と
いったところでしょうか。

日常よく聞く英会話

中学英語はもちろん大切。
実際、ちょっとした会話であれば中学英語を完璧にしていれば大概
通じます。海外旅行くらいであれば大丈夫。
なんでも基礎って大事ですよね(*´-`*)

しかし!
教科書にあまり載ってない日常会話って、けっこうあるもんです。
日本語でも同じですよね?国語の教科書には載っていないけれど
通常みんなが会話の中で使う言葉ってたくさんありますから。

ここでは、そんな日常の英会話をちょっぴりご紹介。

・Let me see…(えっと…)
次の言葉を探しているときなんかに大いに役立ちます。黙っていると
その前の会話が分からなかったのか、はたまた機嫌を損ねてしまった
のか、相手が気にしてしまうので間をつなぎましょう。

・How about you ?(あなたはどう?)
ネイティブと会話していると超頻繁に言われます。コミュニケーション
をスムーズにするうえで、自分の答えを言ったあと相手にも聞いて
みましょう。これ教科書でも習いましたね。

・Why not ?(もちろん!/なんでダメ?)
何かを誘われたときの答えの時は「もちろん!」。相手に何か禁止
されるようなことを言われたら「なんでダメなの?」の意味になります。

・What else ?(他には?)
相手の話でさらに尋ねたい時などに使いましょう。「他にある?